年次学術大会「ベストペーパーアワード」・「スチューデントアワード」の創設について


年次学術大会「ベストペーパーアワード」・「スチューデントアワード」の創設について

研究・イノベーション学会
会長  原山 優子

本学会では、年次学術大会における優れた予稿(発表)を顕彰すると共に、同予稿をもとにした査読論文を学会誌「研究 技術 計画」への投稿に促すことを目的とした下記の「ベストペーパーアワード」、「スチューデントアワード」の創設することとしました。

これらの賞は、研究イノベーション学会年次学術大会予稿集に掲載される予稿のうち、学術的に新規性・独創性あるいは実務的に実用性・発展性に富むと認められるものに与えるものです。受賞された予稿に対しては、学会編集委員がメンターとして学会誌「研究 技術 計画」掲載にむけた支援を行います。

審査に当たっては、年次学術大会の座長が一次選考を行い、編集委員会が最終選考を行い、学会会長の承認を得たうえで、受賞予稿(発表)を決定します。また、受賞予稿に対しては、年次学術大会当日に授賞式を開催する予定です。

年次学術大会の予稿提出時に、本アワードの審査を希望するか否か、「スチューデントアワード」対象に該当するか否か、及び、受賞の際に編集委員による学会誌掲載に向けたメンタリングを希望するか否かについて、お知らせください。

それでは、「ベストペーパーアワード」、「スチューデントアワード」の受賞をめざし、本年度の年次学術大会の予稿執筆・講演発表をお願いいたします。

「ベストペーパーアワード」(2件程度):
・・・・・一般の研究者が著者である論文対象とした予稿(報告)

「スチューデントアワード」(1件程度):
・・・・・学生が主著者である論文を対象とした予稿(報告)

(該当予稿がない場合は、該当なしとして取り扱います。「ベストペーパーアワード」と「スチューデントアワード」の同時受賞も可能です。)

一般講演募集要領についてはこちらをご参照ください。

Post Navigation