ベストペーパーアワード・スチューデントアワード 受賞者一覧



当学会では、年次学術大会における優れた予稿(発表)を顕彰すると共に、同予稿をもとにした査読論文を学会誌「研究 技術 計画」への投稿に促すことを目的とした下記の「ベストペーパーアワード」、「スチューデントアワード」を2021年度に創設いたしました。受賞者は、以下のとおりです。

2021年度受賞者(於 第36回年次学術大会)

・ベストペーパーアワード

2G03 高山 正行 氏
「統計的因果探索アルゴリズム“LiNGAM” を用いた若手研究者支援政策に関する研究」
2C17 鈴木 真也 氏
「研究開発活動と国際 M&A

・スチューデントアワード

2G04 沼尻 保奈美 氏
「オープンサイエンスが研究活動へ与える影響:National Forest Inventory データの事例」
2G08 坂本 優莉 氏
「新規材料研究の変遷には何が影響するのか:グラフェンに関する研究の変遷」
2C21 端 希子 氏
「英国の新型コロナウイルス感染症対策における専門知の活用と課題-SPI-B(行動科学チーム)に着目して-」