Category Archives: お知らせ

プロデュース研究分科会[7月2日/オンライン開催]


こちらからご覧ください。
(https://www.kokuchpro.com/event/producership_109/)

人材問題分科会 6月例会のご案内[開催延期:6月17日→6月29日/オンライン併用開催]


 

こちらのリンクよりご覧ください。
(http://www.s-nakahara.com/jssr/jinzai/index.html)

第36回年次学術大会 ホットイシューの募集について[6月18日締切]



第36回 年次学術大会(2021年度)

ホットイシューの募集について

研究・イノベーション学会では、第36回年次学術大会(10月30日、31日、オンラインにて開催)の一般講演(会員による研究発表)におけるホットイシューのテーマを、会員の皆様から広く募集いたします。ホットイシューに選ばれたテーマに関わる一般講演では、4発表程度に15分自由討議の時間を設けます。

ホットイシューの具体的な選定基準は次のようなものです。
・時機を得たものであること。ただし、追随的ではなく、当学会としてとりあげるに相応しい先導的、先見的なテーマ・課題であること。
・社会的意義やインパクトの大きなものであること。
・公共政策と企業経営の両者を横断するテーマ或いは課題であること。

ご提案のある方は、ホットイシューのテーマとそれを提案する理由を300字以内でまとめ、6月18日(金)必着で、以下のWebフォームでお送りください。会員各位からの提案を踏まえ、最終的に業務委員会にて協議し、数テーマを決定いたします。
https://forms.gle/4VFVCTEmhsULSRGz8

ご自身の研究テーマには直接関わりがないものの、昨今の経済・社会情勢から見て重要であると思われるテーマをお持ちの方、あるいはご自身の研究関心・課題について、それを多少広げた議題で他の会員と討論してみたい、またそうすることが社会的にも重要であると考えている方など、会員の皆様の積極的な応募をお待ちしております。

 

【参考】2020年度のホットイシュー

※ これらの例示にとらわれる必要はありませんが、参考までに昨年のものを掲載いたします。

 A)地方企業の海外展開と地域創生

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界経済は危機的状況に曝されている。日本では全国に緊急事態宣言が発令され、経済・社会を支える重要な存在である中小企業に廃業・倒産の危機が迫っており、地域創生にも悪影響が及ぶ。
ポストコロナ時代には、中小企業は激変した経営環境の下で、いかに自社を成長させ、地域創生に貢献するかが問われ、海外展開が重要な視点である。本セッションでは、中小企業における海外展開の事例、海外の成長力の取込み、海外人材の積極的雇用などの事例報告を基に議論する。

B)危険発生時の科学的助言・科学コミュニケーション─将来の危機対策へ─

日本はこの10年において、東日本大震災と原発事故(2011年)、新型コロナウイルス感染拡大(2020年)と、相次いで行動規範や価値観を一変させる危機に見舞われた。これらの危機では、科学的知見に基づく政治的判断と政策対応が必須であり、科学的助言及や科学コミュニケーションの役割がクローズアップされた。本セッションでは、危機的環境下での政策の検証、科学的助言や科学コミュニケーションに関する政策提言、またはそれを受けた市民の行動に関する検証等、様々な観点から議論が行われることを期待する。

C)研究基盤における人材・資金・環境の三位一体改革の将来像
  ─「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ」の実現に向けて

「研究力向上改革2019」(文部科学省 2019年4月)の発展として「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ」(総合科学技術・イノベーション会議 2020年1月)が策定された。技術職員等のキャリアパスの確立、研究機器・設備の整備・共用化促進、研究施設のスマート化の推進を含む研究基盤に関わる施策が柱として掲げられているが、COVID-19への対応として、研究体制の革新はさらに推し進められる気運が高まった。本ホットイシューでは、これら施策の実質化に向け、研究基盤の分析、実行的な政策提言等を議論する。

D)ポストシンギュラリティ:先端科学技術の研究開発での現状・課題・提言

先端科学技術の推進はイノベーションの推進において大きな意味を持つ。「統合イノベーション戦略2019」が示すように、「AI」「バイオ」「量子」「環境エネルギー」「安全・安心」の戦略的重要性は増し、包括的推進が求められる。最先端技術はゲームチェンジャーであることから、その社会実装は重要でありつつも、乗り越えるべき課題も多い。本セッションでは、先端科学技術領域の研究開発の現状・戦略・アセスメント・提言等について包括的な議論を行う。

E)ポストコロナでの産学連携の未来

産学官連携や研究開発型スタートアップは、新たな価値観創出の担い手としてその成長に期待が掛かる。一方で、目下直面しているコロナ禍においての社会的要請は、産学連携の強みを、実例をもって示す好機でもある。本セッションでは、コロナ禍における大企業やスタートアップとの産学連携の取り組みの最新事例や方法論、コロナ前と比較して産学連携にどのような変化が起こるか、経済発展と社会的課題の解決に資する産学連携の在り方、などの提言や議論を期待する。

F)スーパーシティ構想の社会実装に向けた政策戦略と地方創生

データを分野横断的に収集・整理し提供する「データ連携基盤」(都市OS)を軸に,住民等に様々なサービスを提供することで,社会課題解決・住民福祉・利便向上を図る都市がスーパーシティである.スーパーシティを盛り込んだ改正国家戦略特区法が成立し(2020年5月27日)、その発展が期待される一方、パーソナルデータのセキュリティ、熟議の不足も懸念される.本セッションでは,スーパーシティ構想に関わるイノベーションと制度とwell-beingのバランス,地方創生との関係等,多方面からの理論的・実証的知見の報告,提言を期待する。

G)COVID-19が加速するイノベーション―クライシス・ドリブン・イノベーション

新型コロナウイルス(COVID-19)による危機を奇貨とし、デジタルトランスフォーメーションが進んでいる。本ホットイシューでは、COVID-19により起きた全世界の社会や経済は不連続な変化とその対応として危機によって加速されるイノベーションに焦点を当て、感染症シュミュレーションや情報伝播(インフォデミック)など変化の分析や未来社会のイノベーションマネジメントの在り方に関する発表を幅広く求める。

H)日本のイノベーション・システムを展望する

25年ぶりの改正となる科学技術基本法では、「イノベーション創出」「人文・社会科学の振興」が追加された。また本年は第6期科学技術基本計画策定も大詰めの状況にある。本ホットイシューでは、バブル崩壊から「失われた20年」を経て現在に至る日本のイノベーション・システムについて、多様な視点からの分析・今後の展望・政策提言などの発表を募集する。

第36回年次学術大会の日程について


第36回年次学術大会の日程

 日程:2021年10月30日(土)〜10月31日(日)
 会場:オンライン開催

開催要領、一般講演の募集等につきましては詳細が決まり次第掲載いたします。

学会誌『研究 技術 計画』特集論文公募について[6月15日締切]


このたび、研究イノベーション学会では、学会誌『研究 技術 計画』第36巻第4号に掲載する特集論文を公募することに致しました。

投稿論文は、通常の投稿と同様の審査を経て「査読付き論文」として掲載致します(ただし、特集号のテーマと合致している必要があります)。

募集するテーマ
「知識共創時代における新たな研究開発マネジメント:多様性とインセンティブ設計の視点から」

論文投稿期限
2021年6月15日(火)
[掲載号は2021年12月末刊行予定]

詳細はこちら[PDF]をご参照ください。

女性エンジニア活生分科会 7月例会のご案内[7月8日/オンライン開催]


こちらからご覧ください。
(https://jwse.themedia.jp/)

第82回 イノベーション交流分科会のご案内[7月5日/オンライン開催]



イノベーション交流分科会
主査 鈴木  薫(株式会社ブリヂストン)
幹事 清水 克彦(株式会社東京創研)
幹事 宮本 健一(国立研究開発法人産業技術総合研究所)

同サブ研究会 ブレイクスルー研究会
主査 服部 健一(株式会社INCJ)
幹事 鈴木  浩(日本経済大学大学院)

例会参加申し込みは学会事務局までメールでご連絡ください。


 次回例会のお知らせ

 第82回  イノベーション交流分科会

1.日 時: 2021年7月5日(月曜日)18:00−20:00
2.場 所: オンライン開催
3.講 師: 岩本 祐一 氏(株式会社小松製作所 専務執行役員CTO)
4.テーマ: コマツのDX ~お客様起点の価値創造~

◇参加ご希望の会員は、6月28日(月曜日)必着で学会事務局宛にご連絡ください。

  過去の例会


第81回◆
1.日 時: 2021年4月8日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所: オンライン開催
3.講 師: 三谷 太郎 氏(ダイキン工業株式会社  テクノロジー・イノベーションセンター副センター長 兼 CVC室長)
4.テーマ: ダイキン工業におけるオープンイノベーション ~CVC投資の実践~
5.第81回議事録[PDF]


第80回◆
1.日 時: 2021年2月22日(月曜日)18:00−20:00
2.場 所: オンライン開催
3.講 師: 谷口 恒 氏(株式会社ZMP  代表取締役社長)
4.テーマ: 自動運転・ロボットを社会インフラとして推進するワクワク感と課題
5.第80回議事録[PDF]


第79回◆
1.日 時: 2020年9月1日(火曜日)18:00−20:00
2.場 所: オンライン開催
3.講 師: 河野 慎司 氏(株式会社J-QuAD DYNAMICS 副社長)
4.テーマ: 自動運転時代を見据えたJ-QuAD DYNAMICSの取り組み
5.第79回議事録[PDF]


第78回◆
1.日 時: 2020年7月22日(水曜日)18:00−20:00
2.場 所: オンライン開催
3.講 師: 神田 三奈 氏(株式会社三菱ケミカルホールディングス経営戦略部門 KAITEKI推進室長)
4.テーマ: 地球と共存する経営~3軸経営の推進
5.第78回議事録[PDF]


第77回◆
1.日 時: 2019年10月10日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所: 京セラ株式会社 みなとみらいリサーチセンター
3.講 師: 小堀 真一 氏(京セラ株式会社 研究開発本部 研究企画部 副部責任者)
4.テーマ: 京セラのオープンイノベーションへの取り組み~京セラフィロソフィと起業家DNAの継承~
5.第77回議事録[PDF]


第76回◆
1.日 時: 2019年7月8日(月曜日)18:00−20:00
2.場 所: FUJIFILM  Creative AI Center  Brain(s)
3.講 師: 谷内 光治 氏(ローム株式会社 基礎研究開発部 部長)
4.テーマ: 富士フイルムが目指すAI時代の企業変革


第75回◆
1.日 時: 平成30年12月20日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所: 政策研究大学院大学
3.講 師: 杉本  征剛 氏(富士フイルム株式会社  経営企画本部 ICT戦略推進室長)
4.テーマ: 半導体業界が迎える変革期とイノベーションの果たす役割
5.第75回議事録[PDF]


第74回◆
1.日 時: 平成30年10月4日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所: ANA本社
3.講 師: 津田 佳明 氏(ANAホールディングス株式会社 デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター)
4.テーマ: DDLab(デジタル・デザイン・ラボ)が描く未来
5.第74回議事録[PDF]


第73回◆
1.日 時: 平成30年6月21日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所: ソフトバンク株式会社
3.講 師: 弓掛 正史 氏(ソフトバンク株式会社法人事業戦略本部 戦略事業統括部 ロボティクス事業推進部 部長)
4.テーマ: ソフトバンクが考えるロボットビジネスと今後の展望
5.第73回議事録[PDF]


第72回◆
1.日 時: 平成30年5月22日(火曜日)18:00−20:00
2.場 所: 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所
3.講 師: 福田 剛志氏(理事 東京基礎研究所 所長)
4.テーマ: AIを中心とする近未来の情報プラットホーム戦略
5.第72回議事録[PDF]


第71回◆
1.日 時: 平成29年12月8日(金曜日)18:00−20:00
2.場 所: JR東日本本社
3.講 師: 中川 剛志 氏(東日本旅客鉄道株式会社 総合企画本部 次長)
4.テーマ: 技術革新中長期ビジョンと『モビリティ変革』の実現
5.第71回議事録[PDF]


第70回◆
1.日 時: 平成29年11月22日(水曜日)18:00−20:00
2.場 所: 三菱電機(株)東京本社ビル
3.講 師: 松井 充 氏(開発本部 役員技監フェロー)
4.テーマ: IoT時代のセキュリティ技術の現状と課題
5.第70回議事録[PDF]


第69回◆
1.日 時: 平成29年8月28日(月曜日)18:00−20:00
2.場 所: HondaイノベーションラボTokyo
3.講 師: 脇谷 勉 氏(本田技研工業株式会社  R&DセンターX センター長 上席研究員)
4.テーマ: ホンダの新領域へのチャレンジ


第68回◆

1.日 時: 平成29年6月16日(金曜日)18:00−20:00
2.場 所: 花王株式会社 すみだ事業場
3.講 師: 引地 聰 氏(研究開発部門 研究戦略・企画部 部長)
4.テーマ: 花王のイノベーション創出、MOTと今後の課題


第67回◆

1.日 時: 平成29年5月11日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所: 積水化学工業株式会社
3.講 師: 上ノ山 智史 氏(取締役専務執行役員[CTO])
4.テーマ: 積水化学工業における新事業創出とCTOの役割


◆第66回◆

1.日 時: 平成28年10月28日(金曜日)18:00−20:00
2.場 所: オムロン株式会社 東京事業所
3.講 師: 竹川 肇 氏(オムロン株式会社インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 センサ事業部)
4.テーマ: IoT時代を支えるセンサ事業の現状の今後の動向


◆第65回◆
1.日 時: 平成28年8月2日(火曜日)15:00−17:20
2.場 所: 国立研究開発法人理化学研究所・和光事業所 本館535・537号室(5階)
3.内 容:
1. ご挨拶(20分) 15:00-15:20

    理研 産業連携本部長           藤田 明博 氏
    イノベーション交流分科会 主査      旭岡 叡峻
 2. イノベーションを目指した理研知の統合・異分野間連携について 15:20-15:50
    産業連携本部 事業開発室 室長      石川 正道 氏
 3. ライフサイエンス分野における研究プロセスの変革について     15:50-16:20
    産業連携本部 連携促進コーディネーター  曾根 秀隆 氏
 4. 総合討議        16:20-17:20
    進行:産業連携本部 連携推進部 副主幹  深萱 恵一 氏

第64回◆
1.日 時: 平成28年6月28日(火曜日)18:00−20:00
2.場 所: 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
3.講 師:
・Shashi Bhushan 氏(Chief Innovation Evangelist、CTO Office,
・藤永和也氏(日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 エンジニアリングサービス事業部シニアアドバイザー)
4.テーマ: グローバルビジネス進化に向けたTCSイノベーション戦略


第63回◆
1.日 時: 平成28年4月14日(木曜日)18:00−20:00
2.場 所:  TechShop Tokyo(テックショップジャパン(株)アーク森ビル3F)
3.講 師: 島田 順一 氏(富士通株式会社グローバルマーケティング本部 統括部長)
4.テーマ: 「Tech-Shop」見学と説明(新たな生産革命)


第62回◆
1.日 時: 平成28年3月9日(水曜日) 18:30−20:30
2.場 所: パナソニック(株)汐留ビル
3.講 師: 藤田 英樹 氏(パナソニック株式会社  渉外部 部長)
4.テーマ: エレクトロニクス業界の課題と韓国・日本企業の挑戦


第61回◆
1.日 時: 平成28年2月1日(月曜日) 18:00−20:00
2.場 所: 新丸ビル10階  東京21cクラブ  ローズウッドルーム
3.講 師: 田中 克徳 氏(三菱地所株式会社  法人ソリューション営業部 部長)
4.テーマ: 都市開発事業の新たな展開


  第31回~第60回例会

  第1回~第30回例会

イノベーション交流分科会サブ研究会 第85回ブレイクスルー研究会のご案内[6月7日/オンライン開催]



こちらのリンクよりご覧ください。
(https://jsrpim-bt.jimdofree.com/)

イノベーションフロンティア分科会サブ研究会共催シンポジウム[5月22日→6月19日に延期/オンライン併用開催]



こちらからご覧ください。
(https://ite2021.peatix.com/)

国際問題分科会 6月例会のご案内[6月22日/オンライン開催]



 

こちらからご覧ください。
(http://www.foxc-j.com/conferences/forum.html)