旧:研究・技術計画学会は、「研究・イノベーション学会」へ名称変更いたしました


 

研究・イノベーション学会(旧  研究・技術計画学会)
学会員の皆様へ

10月10,11日の年次大会で、30周年記念と軌を一にした重要な議決を行いました。
議決は、学会名称を「研究・イノベーション学会」と改め、新しい学会活動のスタートについて会員の総意を確認したことです。この議決が行われた総会に先立って、すべての会員に投票形式で名称変更の諾否の意思を問いました。会員数の過半数の投票と投票者の圧倒的多数の賛同を得て、新しい学会の誕生に至りました。会員の皆様におかれましては、ご多忙の中を熟慮のご判断を頂きまして、誠にありがとうございました。30年間、学会は多くの方々の熱意と貢献に支えられて、幾多の業績を積み重ねて参りました。その礎石の上に新しい学会の活動が始まります。新しい成長構造の構築は待ったなしの状況の中、学会の活動からその中核を生み出していくことを願ってやみません。
新しい名称の学会活動の第一号として開催された10日のシンポジュームでは、イノベーションの基軸を担う高度研究人材問題について、真剣な議論がなされました。この内容を11月初旬の日経産業新聞に特集広告として掲載し、新名称の学会のメッセージを発信することを予定していますので、会員の皆様も是非ご覧いただきますようお願い申し上げます。

2015年10月14日
前会長    吉 海 正 憲

 

研究・イノベーション学会(旧  研究・技術計画学会)
学会員の皆様へ

今回の総会で新たに会長に選出されました永野です。本年は私たちの学会の創設30年を迎えましたが、これを機に、30年間の蓄積の活用と激変する社会情勢への対応も考慮し、学会名を変更するとともに、新しい活動を模索することが正式に決まりました。
ここでの一番重要なことは、学会員の皆様がより活動しやすい環境を作ることと、学会としても社会に対して先導的な役割をにない、学会でなければできないことを発信していくことだと考えています。
私として、そのような観点からの学会の発展に寄与していきたいと考えておりますので、皆様方の一層のご協力をお願いしたいと思っています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2015年10月14日
会 長  永 野   博

Post Navigation