Author Archives: Jsrpim

第34回年次学術大会 ホットイシューの募集について[6月27日締切]


 

 

第34回 年次学術大会(2019年度)

ホットイシューの募集について

研究・イノベーション学会では、年次学術大会におけるホットイシューを業務委員会において設定し、一般発表の募集を行います。それに先立ち、本年10月に開催される第34回年次学術大会のホットイシューのテーマを、会員の皆様から広く募集いたします。
ホットイシューの具体的な選定基準は次のようなものです。

・時機を得たものであること。ただし、追随的ではなく、当学会としてとりあげるに相応しい先導的、先見的なテーマ・課題であること。
・社会的意義やインパクトの大きなものであること。
・公共政策と企業経営の両者を横断するテーマ或いは課題であること。

ご提案のある方は、ホットイシューのテーマとそれを提案する理由を300字以内でまとめ、6月27日(木)必着で、学会事務局まで電子メールでお送りください。会員各位からの提案を踏まえ、最終的に業務委員会にて協議し、数テーマを決定いたします。

ご自身の研究テーマには直接関わりがないものの、昨今の経済・社会情勢から見て重要であると思われるテーマをお持ちの方、あるいはご自身の研究関心・課題について、それを多少広げた議題で他の会員と討論してみたい、またそうすることが社会的にも重要であると考えている方など、会員の皆様の積極的な応募をお待ちしております。

【参考】2018年度のホットイシュー

※ これらの例示にとらわれる必要はありませんが、参考までに昨年のものを掲載いたします。

 A)中小企業におけるイノベーションと地域創生

中小企業におけるイノベーションは、地域創生の主役である。中小企業に おけるイノベーションは、生産性の向上、新商品の開発、販路の拡大等によって、地域経済の発展をもたらし、地域の雇用を増大させる。ひいては日本経済の成長に大きく貢献するものである。 本セッションでは、全国各地の中小企業におけるイノベーションの取り組みと地域創生について議論する。

B)EBPMに向けた科学技術イノベーション指標

近年の日本では、ほとんどすべての政策において、KPIや目標値を掲げ、その進捗度合いを定量的にフォローしていくプロセスが指向されており、科学技術イノベーション政策においても各種指標が設けられている。しかし、各種指標が現実を適切に捉えているか、測定可能であるかについては議論の余地が存在する。例えば、研究活動の指標である論文数は学術的な成果としての側面を捉えているが、知財、産学連携、技術貿易などを含む総合的な研究開発力の指標の体系化が期待される。本セッションでは、EBPM(Evidence-Based Policy Making)に向けた科学技術イノベーション指標と、その指標体系化に資するデータの取得や既存統計の活用などに関する多様な観点からの討議を期待する。

C)エビデンスに基づく大学・研究機関の経営・リサーチアドミニストレーション

オープン・イノベーションが重要となり、大学や公的研究開発機関への期待は高まっている一方で、我が国では公的支援が伸び悩んでいる。さらに、研究活動や研究人材のグローバル化が進展している。こうした環境下で、大学・研究機関には、より多くの要素を検討し、戦略性を持つ経営・アドミニストレーションが求められている。統合イノベーション戦略でも、国立大学・研究開発法人がEBMgtを通じて経営を改善し、そのポテンシャルを最大限発揮することが目指すべき将来像として掲げられ、エビデンスシステムの構築が進められている。本セッションでは、エビデンスに基づく大学・研究機関の経営・リサーチアドミニストレーションに関する討議を期待する。

D)新技術による社会変革と規制、リスク・コミュニケーション

近年の人工知能、ロボット、自律機械、バイオテクノロジー、ビッグデータ等に代表される新技術により、大きな社会の進歩期待される一方、既に変わりつつある現状に対する個人および社会の認識、慣習の変化、規制の整備が追いついていない現実がある。新技術の社会実装を円滑に進めると同時に、リスクをコントロールするために、非専門家を含む多くの主体間での適切な情報共有に基づく、社会的合意形成とルールづくりの必要性がますます高まっている。本セッションでは、新技術が社会をどのように変えるのか、必要なルール形成のありかた、その基盤となる研究者と多彩なステークホルダ間の情報・認識の共有に関する、実証的、理論的知見の報告、提言を期待する。

E)AI、ビッグデータ時代の戦略

Society5.0型社会への志向やオープン・イノベーションの潮流により、AI、ビッグデータをあらゆる場において活用する時代が急速に到来している。産業界においては新事業や融合型事業の開発・発展が期待され、また政策等の場においても、従来、データが活用されなかった領域でデータ志向による政策立案が加速することとなる。例えば教育の分野においては、ITを活用した新しい学習形態を提供するEdtechが活用され、ラーニングアナリティクスによるデータ志向の教育政策が高度に生かされるような社会へと変革が始まっている。本セッションでは様々な場におけるAI、ビッグデータ活用による新事業の発展と可能性、また社会制度や政策立案の場での活用、それらを支える人材育成と課題、社会に普及させるためのアセスメント等に関する議論を行うこととする。

F)参加型イノベーションの新潮流

社会課題解決に向けた研究開発を代表として、研究開発やアセスメントにおいて、より密接にステークホルダーとの連携を行う事例が増えてきている。例えば、地域と一体となって研究活動と社会実験を連動させる例(リビングラボ)、市民。企業・行政などといったステークホルダーが共に科学技術の未来洞察を行う例(”Scenario Exploration System”)、SDGsに関してゲームを通じて体験的に理解する例(”2030 SDGs”)などが知られる。本セッションでは、上述のように多様なステークホルダーのイノベーションの参加を促す手法や、その動向・将来について議論する。

G)SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)
  *年次シンポジウム連動企画

2015年に国連総会で採択された持続可能な開発目標(SDGs)は、経済・社会・環境の持続可能性を統合的に扱う国際目標で、2030年までに達成すべき17目標と169のターゲットからなる。
SDGsは政府や大学のみならず、民間企業の関心も大変高く、7月開催の年次シンポジウムでは参加登録者(約200名)の半数ほどが民間企業であった。産学官に共通する重要テーマの一つと言える。
そこで本セッションでは、7月に開催した年次シンポジウムとの連動企画として、科学技術・イノベーションが社会の未来に貢献するための政策課題としてSDGsに焦点を当て、SDGsを実現するためのイノベーション・エコシステムやイノベーション・マネジメントについて議論を行いたい。

 

女性エンジニア活生分科会 8月例会のご案内[8月10日]


 

こちらからご覧ください。
(http://jwse.fem.jp)

プロデュース研究分科会[5月25日/6月6日]


 

2019年5月25日
【プロデュース研究分科会/産学官民連携シンポジウム】
「アート、デザインとICTテクノロジーのクロスプロデュースによるイノベーション」
こちらからご覧ください。
(https://psri2019.peatix.com)
2019年6月6日
【プロデュース研究分科会/第14回プロデュース研究講座】
「多様化・複雑化した現代におけるプロデュースの在り方」
こちらからご覧ください。
(https://www.kokuchpro.com/event/producership_14)

科学技術イノベーション政策の社会的インパクト評価研究懇談会 第1回例会のご案内[3月13日]


 

こちらからご覧ください。
(https://www.facebook.com/social.impact.assessment)

今年のシンポジウムや年次学術大会のホットイシューの企画に向けた、注目すべき・念頭に置くべきテーマやキーワードの提案募集[2月22日必着]


今年のシンポジウムや年次学術大会のホットイシューの企画に向けた、注目すべき・念頭に置くべきテーマやキーワードの提案募集

 

研究・イノベーション学会
業務委員長 野呂 高樹

研究・イノベーション学会の業務理事会・業務委員会では、今年のシンポジウムや年次学術大会のホットイシューの企画に向けて動き出しております。

当該企画においては、次期科学技術基本計画を意識した取組になる予定です。

そこで、企画検討にあたり注目すべき・念頭に置くべきテーマやキーワードを、会員の皆様より広くお聞きしたいと思います。

ご参考までに、先日に開催した業務理事会・業務委員会では、候補の一つとして「ESG投資」(昨年のシンポジウムテーマ「SDGs」に引き続くものとして)が挙げられました。

ご提案のある方は、企画検討にあたり注目すべき・念頭に置くべきテーマやキーワード(5つ程度まで)について、2月22日(金)必着で、下記よりご回答ください。

https://goo.gl/forms/mqOT2tfgR9XMjv2C3

なお、お問合せにつきましては、学会事務局まで電子メールでお送りください。

会員各位からの提案を参考にしつつ、企画検討を進めるとともに、注目度の高いテーマやキーワードについては、編集委員会などとも情報を共有して企画等に活かしたいと考えております。

 

学会誌の電子化等について


 

<学会誌の電子化について>

 

1.議論の前提

1)研究・イノベーション学会の財務状況を見ると、平成28年度以降、支出(事業費及び管理費)が、収入(会費収入及び事業費収入)を年間で150万円以上(平成28年度;155万円、平成29年度;187万円)上回る状態が続いている(年間で150万円以上の赤字)。

2)現行のまま推移すると、遅くとも平成35年度決算段階で繰越金が枯渇し、財政が破綻する(平成29年度決算段階の繰越金は、942万円となっている)。

3)支出の内訳を見ると、会誌発行費が500万円以上を占めており(平成29年度;526万円、平成28年度;544万円)、財政の健全化を図るには会誌発行費の低減が必須の状況となっている。

4)会誌発行費を低減するための有力な方策が「学会誌の電子化(冊子体での配布は廃止)」であり、これにより、会誌発行費を最大で年間100万円程度(現時点での事務局試算)低減することが可能になる。つまり、赤字幅が大きく縮小し、財政が改善される。

5)これらを受けて、早ければ平成31年度からの実行を目指し、学会全体として「学会誌の電子化」を図るための検討が進められている。

6)そのために、「学会誌の電子化」による影響(マイナス面も含む)を検討し、その妥当性を検証することが求められている。

2.議論の結果

1)編集委員会での議論の総意として、「学会誌の電子化」について肯定的な見解が示された。
─電子化をベースとするのが、全体的な趨勢である。
─電子化により「論文等を迅速に公開できるようになること(例えば、即日公開も可能)」は、学会員にとって大きなメリットである。
─実態として、電子ジャーナルしか読まないケースが主流になっているのではないか。
─学会誌の電子化などを通じた学会活動のアピールが、学会の会員増につながったケースも見られる。

2)その上で、「学会誌の電子化」に関わる検討課題といて、下記事項などが挙げられた。
①学会誌を電子化した場合、掲載されている書誌を、どのようなルールの下でオープン化していくのか。
─会員サービス(学会員になることのメリット)として、エンバーゴ(一定期間の非公開ルール。例えば、発行後1年間は、学会員以外はアクセスできない など)をかけるべきなのか。
─上記に関連する情報として、現時点でも「研究 技術 計画」に掲載された書誌は、J-STAGEを通じ、無償で入手できる形になっている。

②学会誌を電子化(冊子体での配布は廃止)した場合、冊子体を希望する機関、会員に対して、どのような対応を取るのか。
─現行の対応では、例えば、国会図書館などに対して冊子体を納本している。
─費用をかけずに希望者に冊子体を配布する方法として、オンデマンド印刷などの利用はあり得るのか。
─冊子体を希望する会員については、学会費を高く設定する方法もあるのではないか。

③学会誌を電子化した場合、電子化した書誌を、どのようなシステム、体制の下で管理していくのか。

④学会誌の電子化を図るには、どのようなプロセスが必要となり、どの程度の時間がかかるのか(現状では、早ければ平成31年度からの実行を目指した検討が進められている)。

3)今後について

①来年度に具体的な検討を継続して行うこととする。

②学会誌の電子化に伴う追加的費用は発生しない。

 

 

<学会活動の電子化のためのタスクフォースについて>

 

1.目的

研究・イノベーション学会の各種活動についての情報発信の強化、及び会員間での情報の共有促進を図るとともに、学会運営業務の効率化を図るため、「学会活動の電子化のためのタスクフォース」を総務・広報担当合同理事会の理事の一部で構成して設置する。

2.検討実績

総務・広報担当合同理事会における議論の論点を整理するとともに、学会活動の一部アウトソースの可能性なども含めて検討を開始。

3.今後に向けて

課題の整理並びに電子化の具体的手段等の検討を行うとともに、必要経費の算出を行い、再来年度以降での学会ホームページの改修に向けた仕様・予算案の検討を進める。また、その他、情報発信・共有の強化・促進及び運営の効率化に向けた取組みを適宜進める

 

 

<学会員のニーズ把握のタスクフォースについて>

 

1.目的

 研究・イノベーション学会の魅力を増し、学会員の増強をはかることを目的に、「学会員のニーズ把握のタスクフォース」を総務・広報担当合同理事会の理事の一部で構成して設置する。

2.開催実績

 2018年9月4日に第1回タスクフォースを開催し、本学会の魅力を増し、学会員の増強をはかるために必要な事などを議論した。

3.今後に向けて

2019年度に学会員のニーズ把握を具体的に行う予定で、ニーズへの質問を送信した際には、学会員に協力を依頼したい。

 

 

 

「エビデンスベースの科学技術基本計画に関するWG」立ち上げについて[第1回/11月14日]


 

 

エビデンスベースの科学技術基本計画に関するWG

 

学会では、次期科学技術基本計画の策定に対応する活動として「エビデンスベースの科学技術基本計画に関するWG」を立ち上げることになりました。趣意書をご覧いただき、WGの活動に参加を希望される方は、11月9日(金)までにフォームに記入ください。
第1回 エビデンスベースの科学技術基本計画に関するWG
時間:2018年11月14日(水)18:30~
場所:政策研究大学院大学 4階 会議室4A
※ 
※ 11月9日(金)に一旦締め切りましたが、随時受け付けておりますので、ご登録ください。
※ 第1回は欠席でも、WGの活動に参加希望の方はフォームに記入ください。

第33回年次学術大会 講演要旨集


第33回年次学術大会 講演要旨集

 

第33回年次学術大会参加者の皆様にメールでお知らせいたしましたとおり、今年度の要旨集は電子ファイルでのみ配布いたします。ファイルサイズが約145MBと非常に大きいため、インターネット接続環境にご注意ください。

年次学術大会に参加されない方で、講演要旨集を希望される方には、有料(8,000円)で提供しております(ただし、後日、無償で公開されます)。

 

1)メール記載のURLからのダウンロード

以下のURLにアクセスいただき、メールでお知らせしたパスワードをご入力ください。セキュリティ上の理由でdropboxにアクセス出来ない場合は、2)の方法をお試しください。(ファイルサイズ:144MB)
https://www.dropbox.com/s/iyms97lk2q60joy/Proceedings_JSRPIM_2018.pdf?dl=0

アクセス、および、ダウンロードの方法は以下をご覧ください。

(こちらのファイルもアクセスできない場合に2)をお試しください)
https://www.dropbox.com/s/asxtnjenyy51zqo/HowToGetProceedings.pdf?dl=0

2)当ホームページからのダウンロード

こちらからもダウンロードできます。ただし、ファイルを開くたびにメールでお知らせしたパスワードを入力いただく必要がございます。(ファイルサイズ:145MB)

3)年次大会会場備え付けのUSBメモリーからのコピー

年次大会会場受付(工学部2号館1階211号室前)横に、要旨集が保存されたUSBを数個ご用意いたします。ここからご自身のPCにコピーしてください。

4)年次大会会場備え付けのPCからご自身のUSBメモリーへのコピー

年次大会会場受付横に、USBと合わせて要旨集が保存されたPCを1台ご用意いたします。ここからご自身のUSBメモリーにコピーしてください。

第33回年次学術大会のご案内[10月27日〜28日]


 

研究・イノベーション学会

第33回年次学術大会および総会のご案内

内容につきましては、プログラム[PDF]をご覧ください。

第3回年次学術大会

1. 開催日: 2018年10月27日(土)〜10月28日(日)

2. 会 場: 東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館,3号館(東京都文京区本郷7-3-1)

各駅からの所要時間・会場へのアクセス等はこちらをご参照ください。

3.プログラム予定:

10月27日(土)
09:30〜12:00 一般講演
12:30〜12:50 総会
12:50〜13:15 会長講演
13:15〜13:50 学会賞・論文賞  表彰式,表彰者講演
14:00〜17:15 シンポジウム
17:30〜19:30 懇親会

10月28日(日)
09:30〜16:00 一般講演,企画セッション

4. 参加登録の申込方法等:

参加申込フォーム  /  郵送・ファクシミリ(Word / PDF)

申込受理通知はお出しいたしません。必要であれば参加費等の請求書をお送りいたします。
一般講演発表者も参加登録は必要です。必ずお申し込みください。

申込締切 10月18日(木)必着

※ 事前申込の受付は終了いたしました。参加を希望される方は、当日、会場にてお申し込みください。

※ 当日のお申し込みに関しては、会場支払いのみの受付となります。請求払いはできませんのでご注意ください。

※ 時間帯によりましては、当日受付が混雑いたしますこと、ご承知おきください。

5. 参加費等

参加登録費[講演要旨集代込み]

正会員           8,000円
学生会員          4,000円
非会員(一般)     12,000円
非会員(学生)       6,000円

懇親会参加費[10月27日(土)17:30〜 工学部2号館 2階 展示室]

一般(会員・非会員共通)  5,000円
学生(会員・非会員共通)  3,000円

「グループ会員準登録者」および「法人会員準登録者」につきましても、正会員と同等に参加登録費8,000円(学生でグループ会員準登録者の場合には4,000円)でご参加いただけます。学生会員、非会員学生の参加費ならびに懇親会参加費対象者に、社会人学生は含みません。

6. 参加費の納入方法

次のうちの何れかでお願いいたします。

【事前に郵便振替による】
00160-4-70197 研究・イノベーション学会(ケンキュウ  イノベーションガッカイ)

【事前に銀行振込による】
三井住友銀行 渋谷駅前支店 普通0206284 研究・イノベーション学会(ケンキュウ  イノベーションガッカイ)

【当日受付で支払う】
当日、領収証を発行いたします。

第33回総会

1. 開催日: 2018年10月27日(土)12:30〜12:50

2. 会 場:東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館 1階 213号室(東京都文京区本郷7-3-1)

各駅からの所要時間・会場へのアクセス等はこちらをご参照ください。

3.出欠連絡・委任状の提出等
年次学術大会・懇親会に参加登録をされない場合でも、参加申込フォームより総会の出欠連絡および委任状の提出がご利用いただけます。

WS「イノベーション創出に向けた人材育成」[9月27日]


 

こちらからご覧ください。
(http://www.nistep.go.jp/archives/37858)